トップページWebコンサルティング> 説得力のある商品ページ
説得力のある商品ページ
説得力のある商品ページ
ターゲットから見て、「その商品に求めていることは何か」、「どの様な商品だと買いたくなるのか」をしっかり把握し、説得する順番を考えてシナリオ化します。
 
そのシナリオを、写真や図などを使い見やすいページにすることで、説得力のある商品ページが完成します。
説得するシナリオの順番を考える
  1. 【キャッチコピー】
      使用感が感じられる商品の写真と、特徴を一言で表すキャッチコピーをいれます。
  2. 【wants要素】
      ペルソナの心に「欲しい」という欲求を抱かせるような特徴、つまりwantsを記入します。
  3. 【課題解決】
      ペルソナが感じている課題に対して、その商品が解決できる方法や理由を書きます。
  4. 【安心感、信頼感】
      商品やショップを信頼できる理由を記入します。
  5. 【アピールポイント】
      お客様がその商品を即座に購入した方が良い理由を、記入します(販売期限・在庫数など)。

  6. これらの手順を基本としてシナリオを考えていきます。
シナリオを写真・イラスト・グラフに変換

シナリオができたらそれらを商品ページにデザインしていきます。
その時、注意する点が3つあります。
 

  1. 基本的に長い文章は読んでもらえません。
  2. 写真、イラストなどを使って、一目でわかるようなデザインにしましょう。
  3. ややこしい数字や文章での比較は、図で表しましょう。

  4. これらに注意しながら、商品ページを作り上げていきましょう。