LPO対策

LPO対策とは、ランディングページ最適化(Landing Page Optimization:ランディング・ページ・オプティマイゼーション)の略。
検索エンジンから、キーワードを検索してたどり着いたページに、探している情報が見つけやすく表示される様に対策することをいいます。

欲しい情報があるか?判断は5秒。

検索エンジンから、何らかの目的を持ってたどり着いたユーザーは、
そのサイトに欲しい情報があるか?
そのサイトは信頼できるか?

を瞬時(5秒以内)に判断します。
一瞬の判断で、探している情報がなさそう、あるいは、信頼できるサイトではなさそうだと判断すれば、すぐに帰ってしまいます。
そのため、スクロールせずに見られる範囲内で、ユーザーが求めている情報があることを示すことが大切になってきます。
この対策をLPO対策といって、エアーネットでは細心の注意を払って行います。

「アリソウダ!」感を出すには
ユーザーが求める情報が「アリソウダ!」という印象が大切。

LPO対策として、

  • ターゲットユーザーが検索したキーワードは何かを想定。
  • そのキーワードに関連した情報を画面上に表示させ、このサイトに「アリソウダ!」という印象を与える。
  • この時、ユーザーの様々なPC環境(特にディスプレイ解像度)を考慮して、「アリソウダ!」感を演出する事が大切。
  • サイトの高さ570pxまでが、ファーストビューエリア(A4ノートパソコンを想定)と考える。
  • このファーストビューエリアに、関連キーワードを表示させる。
など、様々な方法を用います。

エアーネットでは、これらのノウハウを生かし、お客様が「ある問題を解決するために」キーワードを打ち込み、表示された検索内容や広告文などからサイトを選び、サイトを訪問するという一連のシナリオの中で、ランディングページまでの導線設計の一環として、LPO対策を行っています。