「PPC広告」とは何ですか?
「PPC広告」とは、「PAY PAR CLICK(ペイ・パー・クリック)広告」の略で、1クリックに対して定額を支払う広告のことです。
最近では、「リスティング広告」とも呼ばれており、Yahoo!JAPANやGoogleなどの検索エンジンに設置されていて、キーワードごとに見やすい場所に表示される広告のことです。
キーワードごとに表示される広告なので、ターゲットを絞り込みやすく、比較的効果の高い広告と考えられます。
PPC広告の種類
Yahoo!リスティング広告         Yahoo!JAPANやLive Search(旧MSN)などに設置される
Adwords(アドワーズ)広告      GoogleやGoogleアドセンス登録サイト等に設置される
Yahoo!リスティング広告・アドワーズ広告
何れもキーワード単位でのクリック単価入札制になっており、基本的には入札額の高い順に効果の高い表示場所を得ることが出来ます。
PPC広告の効果
検索エンジンからホームページの集客を考える時に、「サーチエンジン最適化(SEO対策)」が必須と考えられる方がおられます。
確かに「サーチエンジン最適化」は、あまり費用がかからない可能性がありますが、それは、キーワードの人気によって違います。

例えば、「自動車」の様ないわゆるビッグキーワードと呼ばれるもので、街の中古車屋さんが上位表示しようとしても、かなり難しいことはご理解いただけると思います。
では、「自動車 富山県」ではどうでしょう?
これも、「自動車」という単語の範囲が広く、上位表示させるには、かなり苦労を要します。
では、「中古車 富山県」ではどうでしょう?
これであれば、上位表示させることは可能かと思います。
つまり、上位表示させる難易度の低いキーワードは、サーチエンジン最適化で上位表示させることを行い、難易度の高いキーワードで上位表示させたい時などは、「PPC広告」を利用し予算を決めて広告したほうが効率的であるということです。
アドワーズ広告