ホームページでの「成約率」とは?
ホームページでの「成約率」とは、ホームページを閲覧された人数(訪問客数)に対する、ホームページの目的を達成できた人数の割合のことを指します。
ショッピングサイトにおいては、訪問客数に対する購入点数の割合ということになります。
企業PRサイトでは、訪問客数に対するメールや電話などによる「お問い合せ件数」の割合ということになります。
※成約率は、転換率、CVR(コンバージョンレート)、購買率と呼ばれているところもあります。

「成約率」は、まさにホームページの出来栄えの結果と考えてよいでしょう。
「成約率」が低い場合は、訪問されたお客様が結果にたどり着かない状態でお帰りになることですので、なぜ「成約率」低いのかを理解し、改善を図る必要があります。
また、「成約率」を把握することで、「PPC広告」や「アフィリエイト広告」の費用対効果が把握できますので、広告を出すときの判断材料として、とても重要な指標となります。
成約率の算出方法
ホームページに「アクセス解析」を設置すると、1日当たりの「訪問客数」を得ることが出来ます。
成約率の算出方法
(計算例)ショッピングサイトへ1ヶ月で1万人のお客様が訪問され、販売点数が100個の時は、
「成約率」= 100 ÷ 10000
      = 1.0%
売上目標のための「成約率」の使い方
ショッピングサイトでの1ヶ月の売上目標が、300万円とした場合、
毎月の商品平均単価が1万円とすると、1ヶ月に300個の商品を販売する必要があります。
では、来店客数は何人必要なのでしょうか?
売上目標のための「成約率」の使い方
 「来店客数=「売上目標」÷「商品平均単価」÷「制約率」
        =3000000÷10000÷0.01
        =30000
1ヶ月に3万人のお客様に訪問していただく必要があります。
1ヶ月間の目標訪問客数が決まれば、これを達成する為の集客(広告など)を行えばよいことになります。
もちろん、その広告費用と利益を比較するなどの検討を行う必要があります。
この様に、「成約率」を明確にしておけば、必要な訪問客数など経営にとって重要な指標を算出することが可能になります。